医療法人社団 晴英会 西東京ペインクリニック
診療時間
9:00~12:00 15:00~18:00
休診日 
火曜日、水曜日
       

日曜日・祝日も診療しています

042-439-4560 西武池袋線
保谷駅 徒歩1分

コラム

煙草はやめられない!?

タバコの値段が上がった!
家の中でも禁煙になる!?
飲食店が全面禁煙になる!!?
禁煙場所での喫煙は30万円の罰金!!!?

「タバコは体に悪い」ということは、皆、頭では分かっています。
実際に、やめたいと思ってる人も多いでしょう。
だけど「ダイエットするぞ!」とか「英語の勉強するぞ!」と同じで、思っていてもなかなか行動に移せない人がほとんど。
特に、禁煙に関しては尚更です。それには理由があります。

タバコが辞められない理由

タバコに含まれるニコチンが、非常に強力な依存物質であるため、喫煙者が1日でもタバコを吸うのをやめて、ニコチンが体に入ってこないと、強い離脱症状に見舞われるのです。

<当院でのアンケート結果>
当院で、初診の患者さんにアンケートを取りました。

禁煙治療に興味がありますか?
「はい」「いいえ」

「はい」の方(禁煙治療に興味がある人)に個別に聞いてみました。

A:「今から禁煙治療をスタートする」
B:「なんとなくタバコをやめたい」
どちらですか?

なんと、Aのすぐに禁煙治療をはじめたいのは「5%」で、なんとなくが「90%以上」!!
それは、やはり強い依存性が関係あります。

ニコチンの依存性と禁断症状

ニコチンはヘロインやコカインといった麻薬よりも依存性が強く、ヘロインやコカインと同等の禁断症状の強さが知られています。

禁煙治療の導入期

では、「今から禁煙を始めるぞ!」
ではなく、

「なんとなくやめようかな」

と思っている人にどのように接すれば、禁煙に結びつくでしょうか。
そのような人は、タバコをやめるメリットはなんとなくわかっています。
しかし、タバコを続けるメリットが強いため、あまり

「タバコやめた方がいい、やめた方がいい」

と言うと、逆に

「俺は吸うんだ」

という気持ちが強くなってしまいます。
そのような時期には「食事の後のタバコ美味しいんですね」○○と感じているんですね、否定も肯定もしない。
そして
「もし辞めたくなって、禁煙治療に興味があったら、いつでも言ってくださいね」
伝えます。

行動変容期

しばらくすると、値段とか、好きな人ができたとか、何かのタイミングで本人の方から
「よし、禁煙の話を聞いてみようかな」その時が来ます。
そんな時に言うのが、「タバコをやめるメリット」です。

タバコをやめると

✓ 脳卒中が半分以上減ります
✓ 高血圧が4割減ります
✓ 不整脈が3割減ります
✓ 食事が美味しくなる
✓ 子供に臭いと思われない
✓ 朝の寝起きが良くなる

禁煙治療薬

これらに自ら魅力を感じ、
「やってみようかな」と思えばあとは難しくありません。

禁煙治療薬「チャンピックス」を定期的に内服して、3ヶ月で5回通院した方の当院での禁煙成功率は8割以上。

しかし、先ほど述べたニコチンの依存性は恐ろしいもので、一度禁煙に成功しても、半年、1年すると、
「1本くらいいいかな」
から、
「人からもらうだけならいいかな」
に変わり、ついには自分で買うようになってしまいます。

チャンピックスは処方開始から1年経過すれば、再度処方できます。
これを2回、3回繰り返し、無理なく一生の禁煙に成功すればよい、くらいに気楽に考えた方が、我慢して爆発するより、長期的な禁煙につながるようです。

禁煙外来についてはこちら ↓ ↓
http://seieikai.co.jp/column/371/