肥満外来

練馬の主婦、肥満外来に通うまでの経緯と現在

投稿日:

練馬の主婦が肥満外来で趣味のダンスを再開したい!

練馬区に住む子育て中の主婦が、結婚前に趣味だったダンスを再開したいと一念発起し、肥満外来に通い始めました。

どのような経緯で練馬区の肥満外来に通院するようになったのでしょうか。

また、練馬区の肥満外来ではどんなことをやっているのでしょうか。

趣味は練馬区のダンスサークル

肥満外来患者談

結婚する前は趣味であるダンスを地元の練馬区で週2回習っていました。

ダンスでは練馬区のイベントにも出ていたので常にみんなに見られているという緊張感があり、身体作りを怠ったことはありません。

そして毎月練馬区のダンスサークルに参加。それくらいダンスが大好きで、趣味に没頭していました。

肥満外来の通院の経緯

肥満外来お菓子

肥満外来のきっかけは生活環境の変化です。

甘いもの大好きな夫と出逢い、趣味が練馬区のダンスサークルからお菓子づくりに変わってしまいました。

ケーキやクッキーなど作ると美味しいと喜んでもらえて、次は何を作ってあげようかなと練馬区のお菓子づくりの教室に通うようになりました。

やがて結婚し子どもにも3人恵まれ子育てに奮闘。

夫だけでなく子どもたちも私の作ったお菓子が大好き。

毎日のように家族にお菓子を作るようになり、中高年に差し掛かる年齢にも関わらず、自分もお菓子大好きになりました。

ふと気がついたらズボンの上に贅肉が乗っかっている状態に。

昔、練馬区のダンスサークルで輝いていた頃の自分はどこへやら。

思い返せば子どもが一人産まれる毎に洋服もサイズアップしていました。

なんだか急に情けない気持ちになり練馬区内で肥満外来への通院が必要と感じるようになりました。

練馬区検診で中性脂肪や血糖値の再検査を促されました

練馬区の検診でとうとう中性脂肪や血糖値を精査するようにと通知されるようになりました。

あまり練馬区でも病院に行くことも今までなかったので、どこへ行ったら良いのかわかりませんでした。

でも検診結果でBMIで「肥満」と指摘され、なんとか改善できそうな肥満外来がないかネットで調べました。

練馬区の肥満外来との出逢い

検索しているとワードで「肥満外来」をやっているクリニックや病院があることを初めて知りました。

肥満を何とかしたいと思っていたので、練馬区内にある肥満外来をやっている近所のクリニックを受診してみることにしました。

ところがそこの肥満外来は定期的に血液検査をやって、栄養相談、あとは自分で運動しましょうと言うだけ。

ただマニュアルに沿ってやっている肥満外来で、あまり向き合ってくれませんでした。

どこの肥満外来もそうなのかなとセカンドを探してみようと思い、口コミを調べたりして練馬から少し範囲を広げて肥満外来をやっている他のクリニックを見つけ足を運んでみました。

練馬区在住の私にぴったりの肥満外来

私が巡り合った自分にピッタリの肥満外来は西武池袋線練馬駅から3つ目の駅にある保谷駅徒歩1分の場所にある「西東京ペインクリニック」です。

肥満外来 西東京ペインクリニック

ここの肥満外来は血液検査や栄養相談は勿論のこと、マイカルテで自分のデータを医療機関と連携がとれることです。

肥満外来ペインクリニック管理栄養士

管理栄養管理士のアドバイスも適切だし、糖質オフの生活と少しの運動で気にしていた中性脂肪や血糖値がちょっとずつ正常値に近づいてきました。

まだ洋服はサイズダウンしていませんし、肥満外来に通い始めて日が浅い私ですが、肥満外来のクリニックを選ぶならば何よりも「続けられること」が大事と思うので、私には西東京ペインクリックさんの診療方針や、キメ細かなアドバイスがとても合ってます。

このまま順調に通院して、練馬区ダンスサークルをやっていた頃のような体型に戻るのが肥満外来に通っている私の夢です。

  • 2019年7月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

現場の医師として肥満外来のいま(まとめ)

この患者様のケースは、元々が身体を動かすこと(運動)を苦にしないタイプでありましたので、比較的スムーズに肥満外来にお越し下さる以前より3%の体重減に成功しています。

よく中高年の方で肥満について勘違いをされている方に「食べなければ痩せる」という究極的な思考をお持ちで、それには(究極なまでの)自己管理能力を要するので「私には無理だ!」と最初から肥満外来を遠ざけてしまうケースがあります。

少し位ふくよかなほうが健康的とも言えますが、体重バランスによっては、その少し位がいずれ高齢期になった際に高血圧や糖尿病といった大きな疾病を引き起こす要因をいま現在進行形で育んでいる可能性もあります。

また中高年の時期に太るのは加齢に伴う基礎代謝が落ちたせいではないということも付け加えさせていただきます。

この患者さんは、幸いにも短気感で3%の体重減に成功したことで血糖値の改善や中性脂肪値の改善が進み、前述した将来(高齢期)での成人病の発症確率も抑えられているのではないかと推論いたします。

当院の肥満外来診療方針

  1. 患者本位であることが大前提
  2. 外科手術は最後の手段で行う
  3. 1週間に3kg以上のダイエット目標を立てない
    (必ずリバウンド・ストレスが生じ日常生活に悪影響を及ぼします)
  4. 食べてよい、但し食べ過ぎはいけないという考え
  5. 患者さんに無理のないアドバイスに徹する

という診療方針で医師、管理栄養士、理学療法士、柔道整復師が患者様一人ひとりの数値化されたデータに基づいて常に適切な治療改善に努めております。

お気軽にご相談ください。

西東京ペインクリニック 土日も診察。


西東京ペインクリニックGoogle Map

-肥満外来
-

Copyright© 保谷駅から徒歩1分の総合内科・整形外科|西東京ペインクリニック , 2019 All Rights Reserved.