肥満外来

新座市在住の30代独身男性、肥満外来で減量に成功!

投稿日:

新座市在住の男性、肥満外来で減量に成功!
新座市に住む30代の独身男性が肥満外来で3ヶ月で5キロ無理なく減量できたそうです。

どのようにして、3ヶ月で趣味のフットサルに参加できるようになったのでしょうか。
新座市の肥満外来ではどのような治療や改善方法を行っているのか、紹介します。

新座市の肥満外来を探したきっかけ

患者談

年1回の新座市健康診断で、2年連続で高血圧、血糖値、中性脂肪を指摘されました。去年、1回目に指摘されたときは、日々の体調に問題がなく、元気に日常生活を送れていたので、そこまで重大なことにとだという認識がなく、肥満外来に行くことを考えていませんでした。
しかし、今年の新座市健康診断でも同じ指摘をうけ、危機感を覚えました。体調を振り返ってみても、去年よりも体重が増え、長時間歩くと膝に痛みがでたり、疲れやすくなったりと、日常生活に影響が出て来ていると感じました。新座市に住む友達と定期的にやっていた、フットサルにも参加することが出来なくなってしまいました。

新座市から近い肥満外来

「新座市」「肥満外来」で検索してみると、新座市から近い肥満外来が見つかりました。
「肥満外来」というと薬をつかって治療するというイメージが強くありました。
また、運動しなさい、食事を変えなさいと言われて終わるというイメージがあり、なかなか行く気にはなれませんでした。

肥満外来にいってみて


実際に肥満外来に行ってみると、ただ薬を処方されるのではなく、薬を飲まなくてもいいように、食事や運動を変えていきましょう!という方向性でした。新座市から通いやすいのもうれしいです。
肥満外来に対して、薬を処方されて終わりというイメージがあったので、安心しました。
肥満外来の流れとしては、医師の診察を受けてから、管理栄養士の栄養指導を受けました。

管理栄養士からの肥満外来指導

管理栄養士からは、日々の食生活、運動習慣を中心に聞かれました。
そこから、まずは「いつまでに、何キロ体重を減らす、運動をどのくらい増やすのか」具体的な期間と数値目標を相談しながら決めました。
私は、新座市で一人暮らしのため、食生活に関しては気を付けたこともなく、料理も自分で作ることはありませんでした。
外食中心の食事、仕事の影響で食事の時間は不規則という状況でした。
管理栄養士は、私の食生活に合わせて、外食における食事の注意点・外食時の料理の選び方などの指導をしてもらいました。

定期的に肥満外来に通ってみて

新座市からさほど遠くないことから、無理なく肥満外来に通院することができており、通院し始めて3ヶ月が経ちました。

ここの肥満外来は、血液検査の結果から血糖値や中性脂肪等の検査数値のこと、栄養・運動のことを話してくれます。
具体的な数値を自ら認識していけるので、モチベーション向上につながっています。

3ヶ月で体重が-5kgで、少しづつ体調もよくなってきていると感じています。新座市のフットサルにも少しづつ参加できるようになってきており、新座市の友達と過ごす楽しい時間も増えました。
新座市から通いやすい肥満外来よかったと思っています。
また、自分にあった肥満外来に出会えてよかったです。

  • 2019年7月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

現場の医師としての肥満外来(まとめ)

登録した食事内容から、管理栄養士が食生活について細かくアドバイスをしています。
日々の食生活に関しては、スマートフォンアプリを活用した食事記録方法で、写真を撮って登録するだけなので、無理なく継続できるようにしています。

お気軽にご相談ください。

西東京ペインクリニック 土日も診察。


西東京ペインクリニックGoogle Map

-肥満外来
-

Copyright© 保谷駅から徒歩1分の総合内科・整形外科|西東京ペインクリニック , 2019 All Rights Reserved.