肥満外来

西東京市の肥満外来で15kgの減量に成功!

投稿日:

西東京市の肥満外来で減量に成功!
西東京市に住む男性が血糖値が上がって一念発起し、肥満外来に通院をして減量に成功したそうです。

どのような経緯で西東京市の肥満外来に通院するようになったのでしょうか。

また、西東京市の肥満外来ではどんなことをやっているのでしょうか。

西東京市ってどんなエリア?

西東京市は20001年、田無市と保谷市が合併してできた市です。
人口は20万人以上で、西東京市になってから増えているそうです。
人口が増えているの要因は、新宿や池袋といった都心部からアクセスが良く、通勤が電車で15分~30分程度でできるということ。
それから、西東京市がファミリー層に人気の理由として、公園や緑が多く、子育て世帯にとって理想的な住環境であることも理由です。
しかし、車通勤の人も多く、肥満に悩む方も多く、肥満外来のニーズも高い地域でもあります。
西東京市の総合病院は、佐々総合病院、西東京中央総合病院、武蔵野徳洲会病院などがあり、糖尿病や高血圧など、疾患に特化した外来は盛んです。
病院は病気を治すことには長けていますが、食事、運動習慣、生活活動など、生活全般にわたるきめ細やかな介入まで手が回らないのが現状です。

西東京市在住の肥満外来へ通院中の方

肥満外来患者談

西東京市に住んでいる知り合いも肥満外来に通っています。
その方は、はじめ、冷や汗と倦怠感で急激に気分が悪くなり、西東京市の病院を受診し、高血糖で緊急入院となったそうです。
幸い入院中に血糖コントロールを行い、症状も安定して退院となりました。
その後のフォローは近くのクリニックを紹介してもらいました。
実際に紹介してもらったクリニックに行ったのですが、診察で医師から生活習慣の指導をしてくれるものの、生活習慣の改善は続きませんでした。

肥満外来が必要な方に生活習慣の改善が必要だということは分かってはいても、なかなか一人では続かない

薬を飲んでいれば、症状は出ないので、薬を飲む必要性は理解しています。
けれども、根本的な解決策としての、食事の中身の見直しや、ウォーキングなどの日常生活活動の見直しまでは意識が及びません。

インターネットで西東京市の肥満外来に辿り着く

肥満外来で生活全般までをサポートしてくれる西東京市のクリニックを探したそうです。
インターネットで「肥満外来、西東京市」と検索して見付けました。
西東京市に在住で、「肥満外来」というキーワードで検索する方は沢山いると思います。
そのように、エリア名と「肥満外来」で検索した方は、生活習慣の改善を、具体的に求めています。
どんな時に歩行を増やしたらうまくいくのか、1日の消費カロリー量の目標設定はどれくらいで、食事の中でも具体的に何を変えていくのか、そのような肥満外来を行っているクリニックを探していたそうです。

肥満外来に通って6ヶ月で15kgの減量!

実際に肥満外来を始めてから、その方の意識が変わり、食事や食事の内容も考えるようになりました。
西東京市の肥満外来に行く前は85kgの体重だったのが、6ヶ月で15kg減って60kgになったそうです。
西東京市の肥満外来に通って減量!

  • 2019年7月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

現場の医師として肥満外来で行っていること(まとめ)

当院の肥満外来では、スマホのアプリで食事を記録し、1日の摂取カロリーとその栄養素の中身を把握し、数値化することと、活動量を知ることで消費カロリーも数値化して、そのバランスを可視化して、行動変容につなげるという生活習慣にフォーカスした肥満外来を行っています。

当院の肥満外来診療方針

  1. 患者本位であることが大前提
  2. 外科手術は最後の手段で行う
  3. 1週間に3kg以上のダイエット目標を立てない
    (必ずリバウンド・ストレスが生じ日常生活に悪影響を及ぼします)
  4. 食べてよい、但し食べ過ぎはいけないという考え
  5. 患者さんに無理のないアドバイスに徹する

という診療方針で医師、管理栄養士、理学療法士、看護師が患者様一人ひとりの数値化されたデータに基づいて常に適切な治療改善に努めております。

お気軽にご相談ください。

西東京ペインクリニック 土日も診察。


西東京ペインクリニックGoogle Map

-肥満外来
-

Copyright© 保谷駅から徒歩1分の総合内科・整形外科|西東京ペインクリニック , 2019 All Rights Reserved.