肥満外来

石神井公園駅 肥満外来で趣味のウォーキングが楽しくなりました!

投稿日:2019年8月27日 更新日:

石神井公園駅 肥満外来でウォーキングが楽しくなりました
石神井公園駅に住む男性が痛風発作を発症したことをきっかけに肥満外来に通院し体調が改善したそうです。

どのよな経緯で石神井公園駅の肥満外来に通院することになったのでしょうか。
どのようにして肥満外来で痩せて趣味のウォーキングが楽しめるようになったのでしょうか。

石神井公園駅の居酒屋で就職

患者談

北海道出身の私は大学生になってから石神井公園駅に住み始め、昼は学校、夜は石神井公園駅の居酒屋でバイトという生活を送っていました。社交的な自分は接客業が合うかもと思い始めました。ここ石神井公園駅の居酒屋は賄いも出るので食事にも困らず、居心地の良い職場だったのでそのまま就職しました。

肥満外来に興味をもった時

石神井公園駅の居酒屋で社員として就職してからシフトが21時から朝6時までの深夜帯が多く、生活が不規則になりました。仕事中は賄いを、家では余った唐揚げやポテトを貰って食べていました。仕事明けにはビールにスナック菓子。休日は友人と飲んだくれていました。北海道の幼なじみが都内に出てくるというので10年ぶりに会ったら、太ったねと言われました。

痛風になり肥満外来へ

石神井公園駅肥満外来
ある日目が覚めると足に激痛が。あまりの激痛に仕事にも行けず、石神井公園駅自宅近くの整形外科に行きました。検査をし、骨には異常がなく「痛風」と診断され痛み止めを処方されました。痛み止めも全く効かず、激痛で眠れませんでした。翌日採血結果で尿酸値が12.1。正常値よりだいぶ高い数値のようでした。整形の医者には肥満をなんとかしなさいと言われ、石神井公園駅の肥満外来を紹介してくれました。

石神井公園から肥満外来に通院して

痛みが落ち着き、出勤できるようになり、常連のお客さんに痛風の話をすると「自分も痛風になった。肥満外来通院して体重落とし今では尿酸値6.1で落ち着いている。肥満外来に行ってみれば。」と助言を頂きました。もう2度とあんなに痛い思いはしたくないと紹介してもらった石神井公園駅の肥満外来に足を運んでみることにしました。

肥満外来で栄養管理士から食事の指導を受け、大好きなビールを控えるよう言われどうしても飲みたければ発泡酒や焼酎・ハイボールにしてみてはとアドバイスを受けました。

食事も気を付けなければいけないようだが、一番大事なのは運動だと言われました。

石神井公園駅でウォーキング

石神井公園駅は自然が多くウォーキングにはもってこいの公園です。歩数計も購入して、最初は5000歩、慣れてきたら10000歩歩くようになりました。石神井公園駅は春夏秋冬色々な顔があり、その季節によって桜や睡蓮、紅葉、渡り鳥たちと毎日来ても飽きません。月一回肥満外来に通院していますが、生活を見直し運動をするようになったので身体の調子が良く痛風も落ち着きました。肥満外来に通って本当に良かったです。

  • 2019年7月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

現場の医師としての肥満外来(まとめ)

痛風は急激な運動をすると、痛みが再度ぶり返すことがあります。まずはウォーキング等の有酸素運動から始めると良いです。運動習慣や食生活の維持のために、月1回通院してチェックをすることが持続的な生活習慣の見直しに有用です。

お気軽にご相談ください。

西東京ペインクリニック 土日も診察。


西東京ペインクリニックGoogle Map

-肥満外来
-

Copyright© 保谷駅から徒歩1分の総合内科・整形外科|西東京ペインクリニック , 2019 All Rights Reserved.